ALTERED MUSIC SCHOOL SAX BEGINNER LESSON COURSE INSTRUCTOR

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


WE ARE ALL PROFESSINAL MUSIC PLAYERS !

HOME > saxphone_beginner_lesoon_course_instructor

日本を代表する、現役のプレイヤー、アレンジャー、アーチスト達が貴方のためにご指導します。

1976年5月27日生まれ。
小学生の頃はジブリ作品、YMOなどのエレクトロニックな音楽にも興味を持つ。中学生になりサックスと出会い、一気に音楽に傾倒、学校の吹奏楽部や市民ビックバンドにて演奏。都立日野高等学校に進学し、忌野清志郎氏が母校の体育館にて凱旋ライブを演るのを観てバンドマンに憧れる。

ロック、ジャズ、クラシックなど、多方面の音楽に感心を持ちつつも、サックスのテクニック面を磨く為に国立音楽大学サクソフォン科に入学。同大学ニュータイドジャズオーケストラのリーダーを務めつつ、在学中よりレコーディングやサポートミュージシャンの仕事を始める。在学中に知り合った仲間達でPE’Zを結成。

卒業後インディーズデビュー~メジャーデビューを経て16年間、国内外を問わず広く精力的に活動し多方面より高い評価を得る。活動中の共演者はシンディーローパーを始め、ソウライブ、ダルファー、 奥田民生、平井堅、上妻 宏光、PUFFY、絢香、(敬称略 順不同)など多数。

2012年5月「OH! YEAH! PARTY!!」の「3times half」がiTunes JAZZチャートで首位を獲得。

2016年から松下マサナオ(Ds)、中西道彦(B)、宮川純(Key)とバンド"BARB"の活動を本格始動させ同年10月にはアルバム「Brew Up」をリリース。またSOFFetのYoYo(Key)とのデュオ企画"JAW meets Pianoman"での活動を始め、ジャンルを超えた様々なアーティストとのセッションを行うなど、ソロミュージシャンとしての活動の動向にも注目が集まっている。

Kadota "JAW" Kousuke OFFICIAL SITE

3歳よりピアノを始め、12歳よりサックスを始める。
2001年、国立音楽大学に入学し、同大New Tide Jazz Orchestraに所属。
2004年に出場した第35回YAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTでは、18年ぶりに最優秀賞を授賞すると共に、最優秀ソリスト賞を授賞。
以後、世界的ジャズピアニストである山下洋輔氏と共演を果たし、プロとしての活動を開始。
2005年よりレギュラー参加している「山下洋輔ニューカルテット」
では、台湾・台中ジャズフェスティバルにてバド・シャンクと共演。
その他にも札幌ライジングサン、題名のない音楽会の他、様々なイベントに出演。
2009年よりレギュラー参加している「山下洋輔Solo&More」では、トルコ・アンタルヤジャズフェスティバル、フィンランド・コルスホルム音楽祭に出演。
2015年、初リーダーアルバム「Determinination」発表。
現在自身のリーダーライブや山下洋輔ビッグバンド、内堀勝MUビッグバンドなど、様々なユニットで活動中。

Yuya Yoneda official web site

'2003年、インストゥルメンタルユニットClacks(クラックス)のサックス奏者としてメジャーデビュー。2006年6月には、自身が作曲した「Live It Up」がテレビ東京「スポーツ魂」のオープニングテーマ曲に
使用される。
その後、ジャズバンドTRI4TH(トライフォース)、そしてサックス四重奏ATOM SAXOPHONE QUARTET(アトム・サキソフォン・カルテット)などのバンド活動と共に、
原田知世、ToshI(X JAPAN )、吉井和哉、SMAP、クレイジーケンバンド、八代亜紀等、
様々なアーティストのサポート演奏や、CM、TV、映画などの劇伴レコーディングに多数参加している。

藤田淳之介OFFICIAL SITE「Junnosukefujita.com」

6歳からクラシックピアノをはじめ、高校の吹奏楽部でアルト・サックスを始める。
高校卒業後、ニューヨーク州立大学で音楽療法を学びながらワークショップ等でサックスを演奏する。よりサックスを学ぶためにジャズ学科へと転科し、ライヴ・ハウスやマンハッタンの地下鉄構内などで演奏活動を重ねる。
2007年日本でプロとして活動するために帰国。出身地の札幌でバンドを組み、Sapporo City Jazzコンテストで2年連続ファイナリストに選ばれ話題になる。2008年東京に拠点を移し皆川太一(g)とのユニット”Urban Groove Session”などのセッション・ユニットのやサポート・ミュージシャンとしてなどの活動を始める。
2011年伊坂幸太郎・原作、ラサール石井・演出の舞台「オーデュボンの祈り」でサックスを吹く女性登場人物として女優デビュー。共演した筒井道隆や吉沢悠から「初舞台とは思えない」との好評を得る。
2013年キーボーディスト、アレンジャー松本圭司(ex:T-SQUARE)をプロデューサーに迎えたファースト・ミニアルバム『Fate』をリリース。2014年、堀江有希子(as)midori(ts)と結成したユニット”sax triplets”(サックス・トリプレッツ)など様々なセッションやレコーディングで活動の幅を広げる。
2016年7月20日 ビクターエンターテインメントよりメジャーデビューアルバム『Beautiful Magic』をリリース。米米CLUB のフラッシュ金子がプロデュースを担当し、人気フュージョン・バンド、ディメンションのギタリスト、増崎孝司や世界的に活躍するドラマー、屋敷豪太ら豪華ミュージシャンが参加するスムース・ジャズ・アルバム。ストリングを配したメロディアスなオリジナル曲の他、カーブド・ソプラノで奏でた往年のフュージョン・ヒット曲、ネイティブ・サンのサバンナ・ホットラインをカヴァーするなど話題作となっている
Miho Terachi Official Website

兵庫県淡路市出身。
幼少よりエレクトーン、12歳よりサックスを始める。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科にてサックスにおけるクラシック音楽全般を学ぶ。
卒業後、FUNK・SOUL・R&B・POPS・クラシックなど様々なジャンルの演奏家として東京・関西を中心に活動している。sax triplets メンバー。

美しく力強い音色と歌心あふれる演奏に定評があり、サンフランシスコへの2週間のライブツアー等にも招聘され、レコーディングも経験。
2013年はポルノグラフィティのサポートとしてTV出演多数、年末にはNHK紅白歌合戦に出場。
また日本の誇るソウルシンガー鈴木聖美のライブサポートアーティストとして、ブルーノート、ビルボードライブなど大型ライブハウスに出演。
ライブ活動の一方で演劇の伴奏音楽などのレコーディング活動、ジャムセッションのホスト活動なども行っている

YUKIKO HORIE saxophone

尚美学園大学 音楽表現学科 管弦打楽器コース卒業。卒業後、JAZZ,FUNK,SOUL,R&B,Fusionなどの音楽に出会う。サックスを小池修、山本公樹、小串俊寿各氏に師事。
現在はアーティストサポート、ミュージカル、セッション、所属するバンドなどにて活動する。

2014年より始めたユニット「sax triplets 」ではテナーサックス担当。アーティスト名を「midori」として活動している。

個人の活動としては
2012年、アルソ出版「The Sax」”女子サックスプレイヤー百花繚乱コレクション”に取り上げられる。
2012年、井上昌己シングル「ただ若すぎた季節のメロディー」参加。
2015年、石井竜也ツアー 「30th Anniversary Tour Arrows Head」 参加。
2015年、某アイドルグループ2大ドームツアー 参加。
2016年、牧野由依ライブ 「Yui Makino 30 Selection」参加。
2016年、first mini album [mother] 発売。
2016年、石井竜也アルバム「BLACK DIAMOND」参加。
2016年、石井竜也ツアー「BLACK DIAMOND REFLECTION」参加。
YAMAHA使用ミュージシャンとしてYAMAHA Z ARTIST BANK に掲載されている。
(使用楽器YTS-82ZS、YAS-62S)

SoulfulでFunkyな音楽を軸にしつつも、JAZZ・POPなど、自分が楽しいと思う音楽は積極的に取り入れて精力的に活動している。

【レコーディング】
石井竜也、井上昌己など
【共演アーティスト】
石井竜也、井上昌己、北川悠仁(ゆず)、杏里、牧野由依、青木カレン、今井麻美、原由美、ナオミ・グレイス(順不同)など

☆ホームページ Midori Kawamura official website